『剣客太平記』

暑さ寒さも。。。の言葉通り

清々しくなって参りました。

季節の変わり目には

くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

さて、時代小説です。

『剣客太平記』

岡本さとる ハルキ文庫

 

爽やかです。

剛剣でありながら人情味のある

主人公峡竜蔵。

テンポ良く、そして実に爽やかです。

ここ数日の天気と同じくらい。

時代小説では、

やっぱり池波正太郎。

『剣客商売』や『鬼平』が

素晴らしいですね。

ちょっと前には北方謙三の

『余燼』のピリッと皮膚に刺さるような

緊張感に惹き込まれました。

今回の岡本さとる氏は

『水戸黄門』、『剣客商売』など

テレビ時代劇の脚本を手掛けた方だそうです。

納得です。

実に勧善懲悪でハッピーエンド。

気持ち良く読むことができました。

文庫書き下ろしとのことなので

続きも期待できそうです。

2011.09.25|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください