『村上ラヂオ2』

『村上ラヂオ2』村上春樹 新潮文庫

雑誌ananに連載されていたものが
文庫化されました。
小説とはまったくちがって、
前書きにある通り
肩の力を抜いて書かれたものです。
帯には
「なるほど、やっぱり、村上春樹」
とありますが、
本当に村上さんらしい、
くすっと笑えて、とても読みやすい
エッセイです。
そして、文中に出てくる本や映画、音楽。
読んでみたい、観てみたい、
聴いてみたい、と思ってしまいます。

大橋歩さんの銅版画も
実にピッタリのペアです。
クリスマスにいかがでしょうか。

2013.12.23|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください