『6時に帰るチーム術』

4月はバタバタしている間に
ブログを更新できませんでした。

初めての保険制度改正。
なにかと。。。
と言い訳はこれくらいにしておいて。

あと一カ月で
開院2年が経ちます。
早いものです。
初心を忘れず
精進して参ります。

さて、
4月より新しい仲間が増え、
このタイミングで出会った本。

『なぜ、あの部門は
残業なしで好成績なのか?
6時に帰るチーム術』
小室 淑恵

新聞で知ったコトバ。

「ワークライフバランス」

働き過ぎずにしっかり休んで
生活のバランスを取りましょう、
というような意味だと
思っていましたが
それは誤解でした。

仕事のムダを排除し、
情報の共有化によって
チームの生産性を改善する。
現状の「見える化」に加え、
(トヨタの仕事術でも
 よく出てきますね)
「時間制約」を決めることで
働き方を変えるという
考え方なのだそうです。

仕事においてはいかに
付加価値の高い仕事を
するのか、が重要。

クリニックにおいては
ルーチンワークを効率化することで
今まで以上に患者さまと接し、
コミュニケーションを
取れるように
改善したいと考えています。

新人スタッフへの教育を通じて
自分の仕事を見直し
さらに成長したいと思います。

2010.05.09|コメント(0) | 院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください