またまたイビチャ・オシム 『恐れるな!』

日本シリーズは激戦でしたね。
ドラゴンズは残念でした。
次は名古屋グランパスの優勝を願って
応援しています。

またまた登場!
オシム前日本代表監督の本です。

『恐れるな! 
~なぜ日本はベスト16で終わったのか?』
イビチャ・オシム 
角川oneテーマ21

オシムがワールドカップを観て
(あれからもう半年も経つのですね)
どのように感じたのか、を
知ることができると思って
気軽に読み始めました。

『オシムの言葉』や『考えよ』に
負けず劣らず
響くフレーズの数々。

今回もご紹介したいと思います。

オシムが選手によくいう言葉があります。
“ポリバレント(多様)”な選手になれ、と。

いろいろな役割を果たすことができる
つまり、複数のポジションでプレーできる
選手になるように指導するのです。

(わたくしが好きな)阿部選手について
「阿部は、4つから5つのポジションで
 プレーできる。
 フィールド内にプラス5人の選手を
得たのと同じである。
 私は、こういう選手を
ポリバレントな選手と
 表現しているが、
 阿部のような選手が増えると、
 オートマチックに、他の選手が、
 ピッチ上に余ってくる。
 つまり攻撃において数的優位を作り出す
 バリエーションが増えるのだ」

ポリバレントとはモノづくりの世界でいうところの
多能工(対になるのが単能工)だと思います。

分業体制の中で単純作業を
繰り返すよりも
二つ以上の作業を受け持ち、
成長に伴って一人で二人分、三人分と
仕事をこなすことが出来るようになる。
これによって新たな仕事に挑戦する
意欲と喜びが沸き、
すなわち、ヒトを活かし、
ヒトが活きることになるわけです。

成長を実感することで
より仕事が充実するわけですね。
まさにわたくしも自分自身に、
そしてスタッフに
求めるところです。

他にも
“コレクティブ(集団的・組織的)”
“ディシプリン(規律)”
という言葉が頻繁に出てきます。

オシムが監督を務めるときには、チームが
“素晴らしいディシプリンと組織力を持ち
コレクティブに戦う”ことを
目指したと言います。

オシムが目指す「美しいサッカー」とは
“全員が、同時に、速く、流れるように動く。
 そして素早いコンビネーションをもって
 効率よくプレーすること”
だそうです。

ペイン池下クリニックでも
スタッフ全員が、流れるように動き、
(皆さまからご覧になっても
キビキビと、でもバタバタせずに)
患者さまをお待たせせず、
心地よく過ごして頂けるように応対し
安心して治療を受けて頂ける、
そんなクリニックにしたいと考えています。

一歩ずつ確実に目標に向けて
努力致します。

2010.11.09|コメント(0) | 院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください