『人生を変えた時代小説傑作選』

あっという間に7月も終盤ですね。
熱い日が続きますが水分補給をして
体調管理にお気をつけ下さい。

『人生を変えた時代小説傑作選』
山本一力 児玉清 縄田一男

読書家としても有名だった児玉清さんが
選者の一人になっています。

菊池寛、松本清張、藤沢周平など大御所の
時代小説作家の短編が収録されています。

一番気に入ったのは
五味康祐『桜を斬る』

わたくしは基本的に、
主人公が修業して成長するような
ストーリーが好きなわけですが、
(『スラムダンク』なんてまさしく)
この小説もそういうベースがあります。

最後は意外な、というか美しいシーンが
目に浮かびます。
1954年の作品ということです。

ところで
たびたびコメントを下さる
あつたドラゴンズ様
このブログを見て頂きありがとうございます。
でも、マラソンは無理です。。。

2011.07.27|コメント(0) | 院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください