今年の読書

今年の一番のお薦めは
夏にご紹介した『再生巨流』。

それからもう一つ。
『虚像(メディア)の砦』
真山仁 講談社文庫

NHKでドラマ化された
「ハゲタカ」の原作者でもあるこの著者が
テレビ局を題材に描いた作品です。
フィクションではありますが、
これに近い状況があるのかなあ、
などと思いながら、わたくしの好きな
ヒューマン・ストーリーでもあり、
大変満足な作品でした。

来年も時間の許す限りいろいろな
本と出合いたいです。

このブログでもご紹介します。

2008.12.29|コメント(0) | 院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください