またまた齋藤孝氏

『ナポレオンで仕事上達』
齋藤孝 角川oneテーマ21

齋藤氏の本は何度か取り上げてきました。
齋藤氏は人物の長所を掴むのが
ウマい方です。
それを自分に、あるいは皆に、
どう活かせるのか
を実に分かり易く表現してくれます。

さてナポレオン。
タフな軍人というくらいの認識で、
「私の辞書には~」
くらいしか知りませんでした。
(高校時代は日本史選択だったため
 世界史は。。。)
現代にも通用する強い信念、姿勢を
持っていたそうです。

いや違うな。

「何か成し遂げる」ために必要なものは、
いつの時代にも通じる、

ということですね。

ナポレオンの言葉を噛み砕き、
わたしたちに応用できるように
語りかけます。

わたしの気に入った個所を2つほど。

仕事はおもしろいものだ、と
考える習慣をつける。
今の仕事を好きになれば、
勉強するし、創意工夫もする。
そうすると結果が出てさらに好きになる。
そして楽しくなる。
充実感もわき、
どんどん良い循環に入っていく。

仕事とは99%地味なものである。

細かい仕事はできないが、
クリエイティブな仕事はできる、
なんて人はいない!

ナポレオンは面倒くさいことを
一手に引き受けていたそうです。
「地味力」の塊だったとのこと。
(齋藤氏は“○○力”という
 言葉がお好きですね)

福沢諭吉もそうだった、と書いてありました。
(『座右の諭吉』
 以前このブログでもご紹介しました)

書籍の中で出会った歴史上の人物から
少しでも吸収して成長できればと思います。

2009.01.21|コメント(0) | 院長の読書感想文

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください