院長ブログ

帯状疱疹後神経痛

日差しは春めいて参りましたが、
まだまだ冷たい風が吹いています。

寒暖の差が体にとって負担となるためでしょうか。
この1月、2月は帯状疱疹後神経痛で受診される患者様が多かったように思います。

さまざまなストレスや疲労が溜まると
抵抗力が弱くなり、
帯状疱疹が発生することがあります。

少し前ですが桂歌丸師匠など有名人の方が
帯状疱疹になったというニュースがありました。
日本人の3人に1人はかかると言われています。
決して珍しい病気ではありません。

帯状疱疹の原因は水痘ウイルス(水ぼうそうのウイルス)です。
子供の頃にかかった水ぼうそうのウイルスが
体の奥の神経に隠れて潜伏しています。
加齢、ストレス、疲れなどが引き金となり、
再びウイルスが増えて、神経を伝って皮膚の上に
水ぶくれや発疹が出ます。
頻度が多い場所はおでこや胸から背中にかけてです。
左右どちらかの片側にだけ発症するのが特徴です。
体幹にできる場合胸やお腹に帯のように発疹が出るため、
東海地方では別名“おびくさ”とも呼ばれています。

すぐにお近くの皮膚科やペインクリニックの専門医を
受診なさってください。

早期に治療すれば皮膚はかさぶたとなって治っていきますが、
厄介なのが、その後に神経痛を残すことです。

50歳を超えますと帯状疱疹になられた方の
約半分の方に帯状疱疹後神経痛が残ると言われています。

帯状疱疹後神経痛の治療として
当院では内服薬の治療に加えて神経ブロック療法を行っております。
痛みが続く場合にはご相談いただければと思います。

暑さ寒さも彼岸まで、といいますが、
皆さま体調管理にはお気を付け下さい。

2016.02.26|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

年末のご挨拶

年内の診療を無事に
終えることが出来ました。

当院にお越し頂きました皆さま、
関係者の皆さま、
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

来年も平和な一年になりますように。

どうぞ良いお年をお迎えください。

2015.12.29|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

ぎっくり腰になってしまったら

今年は12月に入っても日中は暖かい日が続いています。
大掃除を頑張っています、という方も
多いのではないでしょうか。

重い荷物を持ったり、
中腰になったり、で
腰に負担がかかる場面が多いと思います。

もし万が一、ぎっくり腰になった場合には
当院ではトリガーポイント注射や硬膜外ブロックという治療を行っております。

腰がお辛くなった場合にはいつでもご相談下さい。

2015.12.15|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

『ためしてガッテン』帯状疱疹その2

NHK『ためしてガッテン』で特集された
帯状疱疹のポイント その2です。

その予防法です。

水ぼうそうの予防接種に使用する
水痘ワクチンが帯状疱疹の予防、
また帯状疱疹にかかったとしても
帯状疱疹後神経痛になる危険を減らすと
報告されています。

このワクチンは日本で開発されました。
すでにアメリカでは帯状疱疹予防に使用されています。

番組中でも勧められてように
50代以上の方、
過労、仕事が忙しくストレスが多い方
2型糖尿病の方などに
予防接種をお勧めしております。

帯状疱疹の皮膚症状が治まっても、
同時に、あるいはその後に出てくる
神経痛(=帯状疱疹後神経痛といいます)が
長引くので大変です。

当院にいらっしゃる患者さまの約50%が
帯状疱疹後神経痛の方です。

治療は神経痛に有効な飲み薬があります。
できるだけ早期からお薬の治療を開始します。

それだけで痛みがコントロールできない場合には
神経ブロック治療を行います。

神経ブロックとは
局所麻酔薬を注射して
傷ついた神経を休ませることで
痛みの伝達を遮断し、神経をお休みさせる治療です。

帯状疱疹の痛みでお悩みの方、ご心配な方は
当院にご相談ください。

2015.07.10|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

『ためしてガッテン』帯状疱疹その1

昨日NHK『ためしてガッテン』で
帯状疱疹が特集されました。

ポイントをまとめておきます。

帯状疱疹は
水痘・帯状疱疹ウイルス
(=水ぼうそうのウイルス)が
原因です。

子供の頃にかかった水ぼうそうです。
そのウイルスが神経の奥に潜伏しており、
それが再び活性化して、
体の片側に湿疹、水ぶくれなどができるのです。

好発部位として
おでこ(三叉神経第1枝の領域)、
胸から背中にかけて、
お腹から背中にかけて、
片側に、帯のように出現します。

約8割の方に
皮膚症状が出る数日前から
前兆が認めれています。

“チクチク”
“ピリピリ”
“ずきずき”
“ビリビリ”
“ズキンズキン”
するといった、
“電気が走るような痛み” が特長です。
そのころからウイルスが
悪さしているわけです。

加齢、病気、ストレスなどで免疫力が落ちた時に
帯状疱疹ウイルスが
再燃して、
帯状疱疹になるのです。
まるで体が弱ったときに
そこに付け込むようなイメージですね。

帯状疱疹にかかった場合、
3日以内、72時間以内に抗ウイルス薬を
投与することが推奨されています。
しかし、これは
3日以内に始めればよいというわけではなく、
少しでも、1時間でも可能な限り早く
抗ウイルス薬と痛みの治療を開始することが
重要です。

2015.07.09|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

開院7周年

本日で開院して7年を迎えることができました。

7年という実感はありませんが、とにかく
本当にあっという間でした。

いろいろなご縁に
ただただ感謝するばかりです。

当院にお越しいただきました皆さま、
関係者の皆さま、
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

スタッフ一同
日々レベルアップして
皆さまのお役に立てるよう
努力を続けて参ります。

よろしくお願いいたします。

2015.06.12|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

名古屋市立東部医療センターの救急・外来棟開棟式

本日は昼から生憎の雨ですが
昨日は好天に恵まれ、
名古屋ウイメンズマラソンで
盛り上がっていましたね。
前田選手は好タイムで3位。
レース後のインタビューも
笑顔で爽やかでした。

当院のすぐ西もコースでしたので
大勢の方たちが選手たちに
声援を送っていました。

さて、昨日は
病診連携をしている
名古屋市立東部医療センターの救急・外来棟の
開棟記念式典があり、
出席して参りました。

その後、内覧会もあり
ハイブリッド手術室や集中治療室など
とても清潔感あふれる充実した
新しい施設を見学して参りました。

当院は東部医療センターに加えて、
名古屋大学医学部付属病院、
名古屋第一赤十字病院、
名古屋第二赤十字病院、
藤田保健衛生大学坂文種報徳会病院、
中京病院
などの病院と連携しております。

腰部脊柱管狭窄症や圧迫骨折、
椎間板ヘルニアや変形性側弯症による
腰痛、足の痛みやギックリ腰。
頚椎症や頚椎椎間板ヘルニアによる
首や腕の痛み。
そして
帯状疱疹による神経痛や三叉神経痛に対して
神経ブロック治療を行っております。

こうした痛みでお悩みの方は
当院へご相談下さい。

2015.03.09|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

今年もひたすら
基本理念に基づき
皆さまのお役にたてるよう、
スタッフ一同全力を尽くします。

当院の基本理念
『医療にたずさわる者の本分に徹し、
 患者さまの痛みや痛みに伴う苦悩を軽減し、
 身体活動の維持・改善を図ることによって、
 イキイキと日常生活を送って頂けるよう全力を尽くす』

『患者さまとの相互の信頼関係を築きながら、
 満足のいく医療を提供して皆さまのお役に立ち、
 喜んで頂くことを第一義とする』

休養十分で体調万全です。
明日から診療開始致します。

2015.01.04|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

年末のご挨拶

昨日で年内の診療を無事に
終わることが出来ました。

当院にお越し頂きました皆さま、
関係者の皆さま、
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

あと半日で新年です。
2015年もスタッフ一同
皆さまのお役に立てるよう
精一杯頑張ります。

どうぞ良いお年をお迎えください。
平和で素敵な年になりますように。

2014.12.31|コメント(0) | BLOG,院長の診療日誌

今年もあと1カ月と少し

今日は良い天気です。
紅葉などキレイでしょうね。
テレビでしか観ていませんが。

さて、
秋の夜長に随分読書しました。
今年の大河ドラマ
『軍師官兵衛』の影響でしょうか。
歴史小説にはまっています。

『無双の花』
葉室麟 

『銀漢の賦』『蜩ノ記』の作家さんです。

黒田官兵衛も登場します。

そして再来年の大河ドラマの主人公となる
真田幸村。
大河ドラマの原作ではありませんが、

『真田三代』
火坂雅志

いずれも止められず、
一気に読んでしまいました。

いよいよ寒くなって参りました。
お風邪など引かれませんように。

2014.11.23|コメント(0) | 院長の読書感想文