院長ブログ

社会見学

名古屋にも雪が降っています。
防寒対策、そして足元にお気をつけてください。

さて、先日友人のクリニックを見学して参りました。
勤務医時代からほかの病院やクリニックを見学するのが
好きでした。
いろいろな気づき、学びがあります。

参考になる点、私どものクリニックの良いところ、
改善すべきところなど改めて気づきます。

開院当初より心がけておりますが、
3S(整理、整頓、清潔)の重要性を改めて
感じました。
当たり前のことを当たり前にできるクリニックを
築いて参ります。

これから一か月、寒さが一番厳しい季節です。
体調管理にご留意ください。

2012.02.02|コメント(0) | クリニックからのお知らせ

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。
本年もどうぞ
よろしくお願い致します。

当たり前のことを当たり前に、
そういったクリニックを
築いて参ります。

継続は力なり。
スタッフ一同真摯に診療に
従事いたします。

どうぞよろしくお願い致します。

2012.01.04|コメント(0) | BLOG,クリニックからのお知らせ

クリスマスプレゼント!

あっという間に今年も
残すところあとわずかです。

『一生を変えるほんの小さなコツ』
野澤卓央 かんき出版

 

今年最後のお薦め。
素敵な言葉、気負わず励まされる
言葉のオンパレードです。
最初から最後まで結構当たり外れなく
テキトウに開いても
どのページからでも
元気をもらいます。

 

もしよろしければ
クリスマスプレゼントにどうぞ。

ということで、毎度の読書感想文でした。

2011.12.22|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

『五分後の世界』

あっという間に11月も後半。
あと1カ月とちょっとで今年も終わりです。
時間の流れが速く感じます。

わたくしの好きなテレビ番組の
司会をしている村上龍氏。

『五分後の世界』
幻冬舎文庫

『ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界Ⅱ』
幻冬舎文庫

以前エッセイの中で
伝えたいことを小説にして表現していく、
といった内容のことを書かれていました。

そういう目で読むと
村上龍さんの小説の中にたくさんの
メッセージを感じます。

今回はパラレルワールドの物語です。
(今回といっても10年以上前の作品ですが)

パラレルワールドと言えば
(毎度になりますが)村上春樹氏の
『世界の終わりとハードボイルドワンダーランド』
昨年の『1Q84』が思い浮かびますが、
趣向は全く異なります。

5分ずれた世界に紛れ込んだ主人公小田切。
(『五分後の世界』)

そして続編では
まったく別の主人公、
アメリカン人ジャーナリストが
生きる世界。
(『ヒュウガ・ウイルス 五分後の世界Ⅱ』)

テレビ司会のとき以上に厳しいメッセージを感じます。
UG兵士の仲間のミツイが倒れた際
「悲しい悲しいと叫び大声で泣くことによってミツイが助かるならば彼らはそうするだろう。UG兵士はシンプルな原則で生きている。最優先事項を決め、すぐにできることから始め、厳密に作業を行ない、終えると次の優先事項にとりかかる。悲しい時にただ悲しい顔をしていても事態の改善はない」

そして主人公キャサリン・コウリーが述べる
「圧倒的な危機感をエネルギーに変える作業を日常的にしてきたか、を試されることになります」

UGとか兵士とかミツイとか。
これはネタばれになってしまうので
ご興味あればご一読を。

完全なSFですが、
村上龍氏の小説からもエッセイからも
強烈に感じるのはまさに
“危機感”
でもただただ“危機感”を持てばよい
というわけでもなく
“危機感”との間合いの重要性です。

この2作品がそれぞれ1994年、1996年に
発表されたというのは驚きです。

気温が下がってきました。
体調にお気をつけ下さい。

2011.11.20|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

『神の子どもたちはみな踊る』

爽やかな日が続きます。
ずっとこんな天気なら良いのに、
と思うくらいです。

この連休中は運動会の音楽が
何処からともなく聞こえたりしました。

今頃から夏の疲れが出てくることがあります。
体の奥に溜まっていた錘のようなものが
表面に出てくるように。
体調にお気をつけ下さい。

で、読書の秋です。
そろそろノーベル文学賞の候補、
と言われている村上春樹氏。
今年は残念でした。

短編集です。

『神の子どもたちはみな踊る』
村上春樹 新潮文庫

わたくしが繰り返し読むのは
「タイランド」。

女性医師とガイド兼運転手ニミットとの
会話に癒されてきます。

エッセイにも書かれていますが、
孤独を愛する方ですね。

「タイランド」続いて
大変評価されている「かえるくん、東京を救う」、
「蜂蜜パイ」と続く流れ。

未来への光というか希望というか
立ち向かっていこう、というような方向へ。
強いられるほどの強引さはなく
自然と導かれる、といった感じでしょうか。

2011.10.11|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

『剣客太平記』

暑さ寒さも。。。の言葉通り

清々しくなって参りました。

季節の変わり目には

くれぐれも体調にお気をつけ下さい。

さて、時代小説です。

『剣客太平記』

岡本さとる ハルキ文庫

 

爽やかです。

剛剣でありながら人情味のある

主人公峡竜蔵。

テンポ良く、そして実に爽やかです。

ここ数日の天気と同じくらい。

時代小説では、

やっぱり池波正太郎。

『剣客商売』や『鬼平』が

素晴らしいですね。

ちょっと前には北方謙三の

『余燼』のピリッと皮膚に刺さるような

緊張感に惹き込まれました。

今回の岡本さとる氏は

『水戸黄門』、『剣客商売』など

テレビ時代劇の脚本を手掛けた方だそうです。

納得です。

実に勧善懲悪でハッピーエンド。

気持ち良く読むことができました。

文庫書き下ろしとのことなので

続きも期待できそうです。

2011.09.25|コメント(0) | BLOG,院長の読書感想文

こんどは村上龍さん

まだまだ熱い日が続きます。
皆さま体調はいかがでしょうか。
しっかり水分補給なさってください。

 

お盆休みを頂いておりましたが、
明日から診療再開です。
わたくしは特に旅行などすることもなく
ゆっくりと片づけ、読書で過ごしました。

 

こんなときでないと読めないと思い、
カポーティの長編の小説を読んでいます
(『ティファニーで朝食を』の著者)
以前、というか学生時代買ってそのまま
読まずに、勿論捨てることもできずに
色あせて持ち続けていました。

 

ちょっと内容が重いのでここでは紹介しないでおきます。
気になる方は直接お尋ね下さい。

村上春樹氏のエッセイを結構読んだので
関係はないですが、村上つながりで
さて、村上龍氏。
司会をしている『カンブリア宮殿』は
毎週欠かさず見ていますが、
本の方は、学生時代に読んだ
『限りなく透明に近いブルー』以来。

 

いや、数年前に
『希望の国のエクソダス』を読みました。

 

休み中に読んだのはエッセイです。
『無趣味のすすめ』

こちらは本質ズバリ、と言う感じで
説得力はありますが、
読むときには赤鉛筆片手で
ちょっと肩に力が入ります。

 

『案外、買い物好き』

もう少し柔らかい内容です。

 

それにしてもコダワリがありますね。
わたくし自身はモノゴトに対して
それほど執着がなく(と思っている)
オシャレにもまったく関心がないので
こういうエッセイを読むと
さすがに作家のみなさんは
着眼点というか目の付けどころ
というのが凄いなあ、と感心します。

 

『無趣味のすすめ』より
「当然のこととしてやらなければならないことを
いかに妥協せずに実行できるか」

明日から気を引き締めて
当たり前のことを当たり前に
できるクリニックを目指して精進いたします。

 

ところでもう一度
あつたドラゴンズ様
このブログを見て頂きありがとうございます。
でも、自転車も無理です。。。
乗っているのは普通の自転車です。。。

2011.08.15|コメント(0) | BLOG

『人生を変えた時代小説傑作選』

あっという間に7月も終盤ですね。
熱い日が続きますが水分補給をして
体調管理にお気をつけ下さい。

『人生を変えた時代小説傑作選』
山本一力 児玉清 縄田一男

読書家としても有名だった児玉清さんが
選者の一人になっています。

菊池寛、松本清張、藤沢周平など大御所の
時代小説作家の短編が収録されています。

一番気に入ったのは
五味康祐『桜を斬る』

わたくしは基本的に、
主人公が修業して成長するような
ストーリーが好きなわけですが、
(『スラムダンク』なんてまさしく)
この小説もそういうベースがあります。

最後は意外な、というか美しいシーンが
目に浮かびます。
1954年の作品ということです。

ところで
たびたびコメントを下さる
あつたドラゴンズ様
このブログを見て頂きありがとうございます。
でも、マラソンは無理です。。。

2011.07.27|コメント(0) | 院長の読書感想文

『意味がなければスイングはない』

東海地方もやっと梅雨明けです。

最近はすっかりエッセイにはまっています。
以前書いたように
わたくしが一番好きな小説
『ノルウェイの森』の中で、
それこそ主人公のワタナベ君が
『グレート・ギャッツビー』を
繰り返し読んだように
『ノルウェイの森』を
繰り返し読んだわけですが、
最近は村上氏のエッセイを
手あたり次第読んでいます。

音楽、とりわけジャズに
造詣の深い村上氏
(小説家になる前に
ジャズバーを経営していた)

『意味がなければスイングはない』
文春文庫

『ポートレイト・イン・ジャズ』
新潮文庫

音楽についてのエッセイを
読んでいると
本当にその音楽が聴こえるように。

『走ることについて語るときに
 僕の語ること』
文春文庫

マラソンはともかく体を動かそう!と
思いますが、ページをめくるばかりです。
(苦笑)

『遠い太鼓』
講談社文庫

旅行についてのエッセイを読んでいると
まるでそこで一緒に滞在しているように。

『もし僕らのことばが
ウィスキーであったなら』
新潮文庫

そして、お酒に関するエッセイを
読んでいると
本当にそのお酒を飲みたい気分になってきます。
(実際のところは弱くて
すぐに真っ赤になってしまします)

同じ日本語なのに魔法のように
心を奪われてしまいます。
どうしたらこんなにイメージがわいてくる
文章を書けるのでしょうか?

寝る前に
スタンゲッツを聴きながら
そして(文字通り)ほんの一口
アルコールでリラックスするようにしています。

2011.07.09|コメント(0) | 院長の読書感想文

開院3周年

開院3年を迎えることができました。

当院にお越し頂きました皆さま、
関係者の皆さま、
心より御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

今後ともスタッフ一同
皆さまのお役に立てるよう
さらに一層精進致します。
よろしくお願い致します。

2011.06.12|コメント(0) | 院長の診療日誌